07 November 2005

Via Wi-Fi.

サンティアゴの大通りで大騒ぎしながらの1枚。

チリ最後の週末。
金曜日の夕食はManuとRitz-CartonにあるWine365で、チリワインとステーキをいただいた。
ここのワインは全部で180種類以上。チリでワインを楽しみたい方にはおすすめスポットの1つ。

その後、Bambinaはスペイン語学校の仲間達と飲みに出かけた。
最後の週末、仲間とのひと時を楽しませてもらった。
とても楽しい時間だったのだけれど、おかげで週末は二日酔いと戦いながらの荷造りの日々…となった。

今日のこの時間、Manuはすでにサンティアゴから飛び立っている。Bambinaは明日、一人でスイスへ向かう。
そんな一人の時間がたくさんある日に限って、こういうことは起こる…。
現在、サンティアゴ中のケーブルシステムが麻痺していて、テレビは見れるようになったが、インターネットがまだ使えない。
現代社会の弱点だ…とつくづく思うが、インターネットなどのコミュニケーションシステムが遮断されてしまうと、それを「常」と思っている人々には混乱が発生する…。
別に命に関わることではないので、あたふたするのは止めよう…。
で・も…、
とりあえずStarbucksでワイヤレスwi-fiを使ってブログ中。ここサンティアゴはこうしたワイアレスのシステムが多くのカフェで導入されていて、非常に便利だ。
この利用時間が終わる頃には友達のKellyもこの辺りにやってくるだろうから、ちょうどいいかな。
←この馬はプーさん?

実はこのStarbucksがある通りになんと「馬」が登場している。
これはスイス・ジュネーブの牛、チュ−リッヒのテディーベア(スイスにお住まいのLindenさんのブログにジャンプします。)が街中にある風景と重なるな…。



この週末からサンティアゴは何かとイベント続きのようだ。
昨日はNike主催の10kmマラソンがあっていたし、夜は中心部の公園で大きなお祭りイベント…。春になって街も緑でいっぱい。でもこの気温は春をとおりこして夏かな…。

そんな平和な話をしている一方で、今日は朝からペルーのフジモリ元大統領がチリにやって来た!という話題で地元のテレビ番組は盛り上がっている。
なぜこんな時に…。実は先日、ペルーがチリの領土境界線を変更しようと武力行使に出始めて、大変なことになった。両国の関係は悪化中…!?なときに、亡命者がチリにやって来るなんてね。
ペルーを亡命して日本にやってきたフジモリさん。当時は受け入れた日本政府も非難されたんだよね。
今後の動向が気になる…。

補足:フジモリさん、逮捕されて身柄を拘束されているようで…。実は密かに7日に日本を出発していたそうな。ペルーからは身柄引き渡しを求めて使節団がやってきているらしい。
そう言えば、チリの元独裁大統領だったピノチェト氏、イギリスで逮捕されて拘束されて裁かれようとしたけど、無事にチリに帰ってきてご健在なのよね…。彼は壁の向こうでこの事件をどう見ているのかしら?

2 comments:

Cha Cha said...

なんで、馬が????

ペルーがチリの領土境界線を変更しようと武力行使、これは、ちょっとやばいね。なんか雲ゆきが怪しくなってきたね。

ちょっと質問、WiFiをスタバでするとき、使用料金みたいの払うの???払うとしたら、いくら?

Bambina said...

パソコンに無線LANが内蔵されていれば、そのままインターネットのブラウザーをクリック。
すると、自動的にサインアップする画面が表示されるので、利用する時間を決めて、後は画面上でクレジット決済。
手続きに必要な時間はほんの数分です。
サンティアゴでは1時間2400ペソ=約4.8USDでした。
1日中の利用だと7000ペソ=14USDです。
この値段ってどうなんでしょ?