29 September 2005

Pablo Neruda

plaza pn

Plaza Pablo Neruda...

Pablo Nerudaって誰?という方へ。

Bambinaにとって「Pablo Neruda」の名前は忘れられない想い出があります。
BambinaとManuがまだ日本とイタリアで離れていた頃(出会って3ヶ月後)Manuがイタリアから送ってくれた誕生日プレゼントの花束に添えられていたのがPablo Nerudaの詩だったのです。
情熱が詩の1文1文に込められていて、Nerudaの情熱がこもった詩とManuの人生への情熱がとても重なって思えた記憶…今でも鮮明に残っています。

Sonnet XVII

Pablo Neruda

I don't love you as if you were the salt-rose, topaz
or arrow of carnations that propagate fire:

I love you as certain dark things are loved,
secretly, between the shadow and the soul.

I love you as the plant that doesn't bloom and carries
hidden within itself the light of those flowers,

and thanks to your love, darkly in my body
lives the dense fragrance that rises from the earth.

I love you without knowing how, or when, or from where,

I love you simply, without problems or pride:

I love you in this way because I don't know any other way of loving

but this, in which there is no I or you,

so intimate that your hand upon my chest is my hand,

so intimate that when I fall asleep it is your eyes that close.


1 comment:

Cha Cha said...

ラテン系の方は、情熱的というのは、本当ですねぇ。

ウチは、知り合って5年、結婚して2年ですから、ほとんど怠惰な生活を送っています。

あ、でも、知り合ったころは、カードを送ったり、花やキャンディーをもらったりしてたから、ウチでも少し情熱的に戻ってみようかしらん。